José Nogueira 1116, Punta Arenas, Región de Magallanes y Antártica Chilena.

Single Blog Title

This is a single blog caption
9 Dic

アメリカ 超大国 理由

ぶっちゃけ1860~1950年くらいまでのアメリカは、本当に『神』です。アメリカは、良くも悪くも20世紀のありとあらゆる事に大幅に関わっています。 そうすると、今まで見向きもされていなかった北米でも儲けられるようになったわけですし、アメリカ大陸でも食糧が生産されるようになったのです。 第一の理由は、19世紀末から20 初頭にかけて、科学革命や産業革命の成果を効率的かつ大規模に実現することができたということです。科学革命や産業革命につながる基本的な業績は、多くまずヨーロッパでなされ、アメリカで広く応用されました。 満州国を建国し、中国と戦争を行った日本は、ついに世界の超大国アメリカとも戦火を交えることになります。, 中国と戦争を続けることだけでも大変な状況であるのに、さらにアメリカやイギリスとも同時に戦争を行うなど、とても正気の沙汰であるとは思えません。現在のわたしたちの視点で冷静に考えれば、日本は破滅への途を突き進んでいるようにしかみえないでしょう。, 日本の中国への進出は、アメリカを刺激することになります。アメリカは日本の南下政策に警戒感を強め、次第に中国寄りの立場を採るようになって行きました。, 日本が「東亜新秩序」を提唱すると、アメリカは中国への援助を強化するとともに、日本に対する経済制裁として、1939年に日米通商航海条約の破棄を通告しました。当時の日本は資源の供給をアメリカからの輸入に頼っていたため、日本は経済的にも軍事的にも追いつめられました。, さらに、1941年に日本軍が南部仏印に進駐すると、アメリカは対日石油輸出の全面禁止に踏み切ります。石油の大部分をアメリカから輸入していた日本にとって、この措置は大きな打撃となりました。日本国内では、この頃から対米開戦論が主張されるようになったのです。, 日中戦争を主導した近衛首相でしたが、アメリカとの戦争には否定的でした。近衛内閣はアメリカとの戦争を回避しようと、日米交渉を重ねます。しかし、アメリカの主張が日本軍の中国からの撤退だったため、陸軍の強い抵抗にあって交渉は進展しませんでした。その責任を取って近衛内閣は総辞職し、陸軍大臣だった東条英機が首相となりました。, 東条内閣では、開戦準備と並行して対米交渉も模索されました。ところが、アメリカからハル=ノート、すなわち日本軍の中国・仏印からの全面撤兵、三国同盟の空文化、重慶政府以外の不承認などを要求した覚書が提示されるに至って、東条内閣はこれを最後通牒として受けとりました。そして、1941年12月8日、日本陸軍はイギリス領マレー半島に上陸し、海軍はハワイの真珠湾を攻撃します。こうして、ついに太平洋戦争の火蓋が切って落とされたのです。, 日本は中国と戦争をしながら、なぜ米英との戦争にも踏み切ったのでしょうか。日本の国力から考えれば、誰の目から見ても無謀な戦いとしか映らないでしょう。, 戦後の教育では、軍国主義をかかげた一部の軍首脳によって、日本人は間違った戦争に引き込まれたことになっています。国民は、彼らによって洗脳された被害者だったという構図です。果たして、本当にそうなのでしょうか。 『日本人はなぜ戦争へと向かったのか 下』1)によれば、当時のリーダーたちは、アメリカの総合的な国力が日本の80倍(!)だという事実を認識し、アメリカと戦争をしても歯が立たないと考えていました(同100頁)。リーダーたちは、しっかりと現実を理解していたのです。 では、軍人たちが戦争をしたがったのでしょうか。, 「本当にアメリカと戦うのか。まず深刻な動揺が広がったのは、海軍だった。『海軍の最高首脳部は、もう絶対やっちゃいかん、やっちゃいかん。そういう考えで。そういう力はありませんよ。そんなことを目標にして日本の陸海軍の戦備というのはできているわけじゃない』(保科善四郎証言)『幾度(対アメリカ戦の)演習をやってみても、あるいは図上で演習をやってみても、勝ち目がないんですね。実際のところ審判(判定)でごまかしているんですけれども、本当に率直にいえば勝ち目がない』(高木惣吉・海軍省調査課長証言)」(『日本人はなぜ戦争へと向かったのか 下』112頁), 海軍がこのようにアメリカとの戦争を無謀だと捉えていたのなら、陸軍が対米戦を主導したのでしょうか。, 「間もなく陸軍でも、アメリカとの戦争に慎重を望む声が上がり始める。日中戦争もいまだ終わっていない状況のなか、疲弊した戦力でアメリカに挑むことの無謀さを、現場の指揮官たちは訴えた。『日米交渉は、何としても成功させてほしい』(畑俊六・支那派遣軍総司令官)『この際、撤兵の条件を呑むことも、大した問題ではないと考える』(後宮淳・支那派遣軍総参謀長)」(『日本人はなぜ戦争へと向かったのか 下』112頁), 実際に中国で戦闘に携わっていた陸軍の指揮官たちは、アメリカとの戦争を何としても回避したいと考えていました。, このように当時の政治家も、そして軍人も、アメリカとの戦争を決して望んではいませんでした。, 「いざ戦争回避を決断するとなると、リーダーたちの覚悟は揺れた。アメリカと戦う力がないことを認め、中国から撤兵するなら、これまで失われた二十万あまりの兵たちの命、毎年の国家予算の七割にも達した陸海軍費はいったい何のためだったのか。国民が失望し、国家も軍も面子を失うことを恐れた」(『日本人はなぜ戦争へと向かったのか 下』112頁), アメリカとの戦争を避けるために中国から撤兵すれば、これまでの人命も戦費もすべて無駄になってしまいます。その決断を下すことが、リーダーたちにはできなかったというのです。, 「人が死ねば死ぬほど、兵は退けなくなります。リーダーは、決して死者を見捨てることが許されないからです。この『死者への負債』は、あらゆる時代に起きていることです。犠牲者に背を向けて『我々は間違えた』とはいえないのです」(『日本人はなぜ戦争へと向かったのか 下』114頁), 軍人を含むリーダーたちの本音は、戦争を避けたいという点で一致していました。しかし、多くの恨みを買うであろうこの決断を、誰も口にすることはできませんでした。これが、アメリカとの戦争を回避できなかった大きな要因になったと同書は指摘しています。, ところで、戦争回避の決断が下せなかったのは、リーダーたちが「面子を失うことを恐れ」、「死者を見捨てることが許されない」と考えたからだけなのでしょうか。, 面子を失うことやそれまでの間違いを認めることなら、誰かがそれらを乗り越え、戦争回避の決断を下せたのではないでしょうか。その決断が正しければ、たとえその時代で非難され恨みを買ったとしても、後代において正しい決断をしたと再評価され、名誉が回復されるからです。ポーツマス条約における、小村寿太郎がそうだったように。 したがって、当時のリーダーたちが戦争回避の決断を下せなかったのには、彼らの決断を強力に阻止した別の要因が存在したのではないかと考えられます。, 1)NHK取材班編著:NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 下.NHK出版,東京,2011., akihiko-shibataさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog またアメリカ大陸が発見されて100年以上経っていたので、アメリカ大陸で生まれアメリカ大陸で育った人も増え始め、見知らぬ大陸が身近になり大陸へ進出する事への抵抗感が和らいだというのもあると思います。当初は出稼ぎの場だった新大陸が第二の故郷になり始めていたわけです。 日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。 日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。 コンピューターも殆どアメリカが発展させたようなものです。戦後、電話ネットワークの維持に真空管大量に必要になり、真空管より長持ちして高性能なトランジスタが開発され、これがコンピューター産業発展の起爆剤になりました。 中国メディア・環球時報は9日、「2040年におけるアジアの超大国は中国ではなく、日本だ」とする米メディア、ビジネス・インサイダーの7日付文章を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF) (今関忠馬) 米中間のパワー・シフトは、かつてない規模と態様で進んでいるといえます。そこで、出て来る問いかけは、中国はアメリカをしのぐ超大国となるのか、という問いです。 中国がアメリカに勝てない3つの理由 その可能性はあります。 また、今後もロシアや中国でさえも当分はアメリカに追いつけず、この状態はずっと何十年とか、それ以上続くのでしょうか。, 「ロシア 石油」に関するQ&A: ロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか? 共産主義の赤? あと日本の石油元売りが赤い石油, 「バンザイシステム」に関するQ&A: 河合塾のバンザイシステムでほぼボーダーC判定だったものです。 センター試験:二次試験が800:700, 「日本 製造業」に関するQ&A: 日本をこれから牽引するものは? 高度経済成長期には、製造業が日本を牽引して来ました。ところが、近年は, 「為替 イギリス」に関するQ&A: 【英国イギリスのEU離脱でリーマンショック級のFX(為替取引)の追徴金が発生している人がいますが】年, 「移住 イギリス」に関するQ&A: イギリスへ移住するために英語を勉強しています。, 回答たいへんありがとうございます。 アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、英: United States of America, USA)、通称アメリカは、北アメリカ、太平洋および大西洋に位置する連邦 共和制 国家。 首都はコロンビア特別区(ワシントンD.C.)。. 超大国は、経済的要素に裏づけされた豊富な財政力を有している。 人口的要素. 石油を大々的に利用し始めたのもアメリカが最初です。元々は灯油を光源として用いられていましたが、灯油ランプが電球に駆逐された後は、内燃機関(エンジン)が開発されコレが後のガソリン車に繋がりました。 現在、アメリカが世界唯一の超大国であることを最も良く示すのは「世界を相手にしても勝てる軍事力」です。 | 日本の品質管理方法もアメリカのエドワーズ・デミングが研究した物を日本が発展させたものですし、テイラーの科学的管理法がなければ日本の労働者の技能がここまで急速に進歩する事はなかったでしょう。 q アメリカはどうして超大国になれた? 愚問で恐縮ですが、そもそもアメリカが超大国になり得たのは、一体何が大きな要因と考えられるでしょうか? 1.面積が大きいから? アメリカ同様、広大な国土を有する国は多いです。 技術は日本の先を行って、経済力や軍事力は圧倒的に中国が上。. 電話も、ベルがアメリカで開発しました。 アメリカがそこまでの軍事力を持つようになったのはいつかというと、そんなに古いことではありません。第一次大戦の前には、海軍はイギリス、陸軍はドイツとフランスとイギリスがアメリカより明らかより質量ともに...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 あと、イギリスもナチスとのヨーロッパ戦線での戦いで大量の武器・資金が必要になり、アメリカから借りた結果、それを返すために疲弊してしまったということがあるのですね。 という「地理的要件」「人文的要件」が、全てアメリカに有利に働いたからでしょうね。, 結論は「第一次大戦で、欧州列強が大損した時に大儲けした。そのご利益が今でも続いている」だと考えます。第一次大戦というのは、そのくらい経済的に見て大きな出来事だったのです。 たしかに、第2次世界大戦中から、すでにヨーロッパ各国を凌駕する大国ではあったでしょうが、それ以前はどうなのでしょうか。 すると、燃料(石油)の自給も陰りが出てきたので、中東に難癖をつけて、戦争を仕掛けているのでしょうか。, 非常に整理された回答をありがとうございました。 ただし、新技術開発が得意なアメリカに対し日本が得意だったのは『既存のモノを安く作る』ことでした。良い例が電卓で、当初十万→数千円にしてしまいました。安い→普及という事ですので、日本の果たした役割は小さくないです。 >東京に職を求めて地方から集団就職するみたいな感じですね。 ロシアよりもむしろ、中国が軍事大国化しそうですか。 また、私自身も、興味が出てきたので、古代ローマやアメリカ史を勉強してみようかと思いますが、それらの国の他国と比べて出立することになった何百年にも渡る蓄積というのは、「hdmi446」さんはどのような内容のことだったとお考えになりますか。いったい、その要因とは具体的にいうとどのような事柄なのでしょうか。 1.面積が大きいから? 超大国は、生産力、軍事力の裏づけとして、豊富な人口を有している。 資源的要素. 第一次大戦でヨーロッパが没落し、アメリカが超大国に成長する (早わかり世界近現代史から抜粋) 第一次世界大戦は、「ヨーロッパ諸国の没落と、アメリカの台頭」という劇的な変化をもたらしました。 3.建国後の歴史が浅いから? 新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほど多くなかったわけです。ですから、南米では金銀の採掘と砂糖などの生産だけを行いアメリカで食べる食糧は欧州から輸入していたほどです。欧州でも出来る事はアメリカでやる余裕はなかったわけです。 5.実は 「大農業国家」 だから? 因みに私は21世紀はアメリカの一人勝ちとは行かないと思います。 住宅バブルの崩壊とサブプライムローンの証券化の破たんが引き金を引いた大景気後退(Great Recession)の真っ只中の2009年1月に、国民の熱い期待を担ってオバマ政権は誕生した。 この8年間は大景気後退からの回復過程であったが、重要なことはこの過程でさらに経済格差が拡大した点である。それは中間層の衰退を意味する。 いまや民主・共和の両党とも、いかなるものであれこの問題への対策を示さない限り多くの国民の支持を得られない。 オバマ政権は景気回復を越えて安定的な経済成長 … 現在、アメリカが世界唯一の超大国であることを最も良く示すのは「世界を相手にしても勝てる軍事力」です。 アメリカがそこまでの軍事力を持つようになったのはいつかというと、そんなに古いことでは … お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, ロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか? 共産主義の赤? あと日本の石油元売りが赤い石油, 河合塾のバンザイシステムでほぼボーダーC判定だったものです。 センター試験:二次試験が800:700, 日本をこれから牽引するものは? 高度経済成長期には、製造業が日本を牽引して来ました。ところが、近年は, 【英国イギリスのEU離脱でリーマンショック級のFX(為替取引)の追徴金が発生している人がいますが】年, 1900の終わりから南シナ海の中国進出20年間周辺諸国良い辻けて20年間アメリカ等超大国は何故無視フ, 旧ソビエト連邦や中国の共産党は何故科学技術を重視するのでしょうか? プーチン氏はネット上で開催された会議に参加し、世界における米国の役割は英国、フランスと同様に低下し、政治や経済においては中国とドイツが超大国になりつつあるとの考えを示した。 アメリカ同様、広大な国土を有する国は多いです。 ロシア 1,707万平方km、カナダ 997万、中国 960万、 オーストラリア 774万 ・・・ どうも面積だけではなさそうですね。 (当然現実では、このようなやり方よりも本などで勉強したり、特許契約をした事の方が多かったです) いえいえ。 電気が一般化したのはエジソンが電球の商品化に成功し、普及させたからです。 第二次大戦の開戦時、アメリカの軍事力は海軍でイギリスと同等、陸軍はまだ小規模でした。しかし、戦間期に蓄えた生産力がフル稼働すると、他の全ての国を合計したくらいの巨大戦力を構築し、ドイツと日本を押し潰しました。ドイツを東方から押し潰したソ連も、アメリカから送られる無尽蔵の物資で戦っていたのが実体です。この物資の代金は、戦後にソ連によって踏み倒されました。 アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。 超大国たちが衰退した原因があるはずで、それが分かれば今後衰退する国や繁栄する国が分かるでしょう。 滅んだ超大国すべてに共通していたのは、王のような権力者が富を独占し、富や権力の分散を妨害した点でした。 中国のgdp、70年弱で170倍以上に 世界2位の経済大国になった理由 2019年9月30日 17:20 発信地:東京 [ 中国 中国・台湾 ] このニュースをシェア 超大国は、豊富な鉱物、エネルギー資源を保 … 初期の北米の植民地もヨーロッパの為の植民地だったことには変わり有りません。しかし、スペインが中南米でやった事は、略奪に近かったのに対して、英国が北米でやった事は普通の産業に近かったわけです。 アメリカが衰退しています。トランプさんが、「日本はもっと金を出せ! さもなければ、米軍を撤退させるぞ!」と脅すとき、「嗚呼、アメリカもここまで落ちたか」と悲しくなります。 1945~1991年、世界には、アメリカとソ連、二つの極がありました。しかし、1991年末、ソ連が崩壊した。そして、一極、つまりアメリカだけが残った。「アメリカ一極時代」の到来です。 90年代、アメリカは、「冷戦勝利の見返り」をたっぷり受けていた。世界中どこにもアメリカの脅威は存在しない。そして、アメリ … 確かに当時は特に鉄というものが、工業力の大きさを象徴しているというか、反映を指し示すものだったかもしれまんせんが。 2.国内に石油が採れるから? 『世界の警察』、『超大国』であるアメリカ合衆国。 この異名の通り、現在ではアメリカの動き次第で世界が変わるともいっても過言ではないぐらいの影響力を持っている国だ。 しかし、つい200年前はアメリカは『新世界』と呼ばれてい […] 昔の人がアメリカを特別視するのも当然の事だと思います。 ・私の推測では、建国してからまだ歴史が浅く、古い体制にとらわれず、政策がとれる点。 などが理由として挙げられるのではないかと思っています。 アメリカは農業大国でもありますしね。 たしかに国内消費の多くを中東からの輸入に頼っているが、実際には国内に膨大な油田があり、またそこで採れる石油は戦時用に備蓄されているので、「自国内で石油が採れる」 これが大きな要因になり得ると言う人もいます。 4.移民国家だから? 日本の戦後復興の要因一つは、アメリカで開発された最新の技術をパクリまくったからというのもあります(トヨタの自動車も、ソニーのトランジスタも、シャープの液晶など、戦後の日本の技術の大部分は元を辿ればアメリカ由来のものです)。 訴訟大国アメリカ・・・。アホらしい訴訟から、マジかい!って訴訟までエンタメ要素で面白く紹介します。 そもそもなぜ訴訟大国となってしまうのか。そこも軽く言及しました。 ・19世紀の世界ナンバーワンの国であったイギリスと、言語が同種のため、容易に色々な事を学ぶことができたから。 いまや問題は「中国が超大国になるかどうかではなく、いつ超大国になるかだ」と考える人もいる。確かに中国は、真にアメリカに匹敵する大国になるポテンシャルをもつ唯一の国だが、技術的な遅れという致命的な欠陥を抱えている。 >給料が良かったから欧州から様々な人がやってきたとは、まるで高度成長期の日本のようですね。 現在、アメリカが世界唯一の超大国であることを最も良く示すのは「世界を相手にしても勝てる軍事力」です。 第一次大戦で疲弊した欧州を尻目に、アメリカは大儲けしました。この頃から大恐慌までの間にアメリカで「第二次産業革命」のようなものが起きました。簡単に言うと「自動車産業の成立」です。これは、「一般の人が車を買える位に大衆が豊かになった最初の国がアメリカである」ということも意味します。当時、そういう国は世界中でアメリカだけだったと思われます。この頃に、アメリカの工業・農業生産力は世界一になりました。 この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。 確かに中国やインドのように古い政治体制の影響を受けずに、合理的な理念で国家を治めていく事ができたように思いますが、それではアフリカ諸国のような 「新興国家」 も将来は超大国とまで行かなくても、大国のひとつくらいにはなり得る? さて、今回の疑問。「アメリカはいつから世界No.1の経済大国なのか」ですが、一番上にある青い線がアメリカです。 グラフを見てお解かりのように1900年時点ですでにNo.1だったようです。 解りにくいので1900年よりも前だけを表示させています。 整形大国といえば韓国を思い浮かべる方も多いと思います。 しかし整形の件数ではアメリカが世界一といわれています! アメリカの整形事情とはどのようなものなのか、ご紹介していきます! この頃欧州はアメリカからの富でかなり力をつけてきました。さらに、100年以上も海を行き来していたので航海技術もかなり上達しています。大量の物資を安全に欧州に運ぶ事が出来るようになったわけです。つまり、海を横断するコストが下がったわけです。 経済では、ヒトでもモノでもカネでも、余っているところから足りないところへ流れるのが基本です。 科学技術だけでは有りません。 日本その気になれば、そう遠くない将来にでも軍事大国化するとは恐ろしい話ですね。 ・様々な人種が存在するので、それぞれが納得できる合理的で、効率的な制度が整っている。 中国は、有人飛行も成功させていますし、宇宙開発に関する技術も合わせて向上してくると怖いです。, 回答ありがとうございます。結構そういう制度的、精神的な豊かさこそがだいじなのかもしれないですね。, 回答ありがとございます。 当時の西欧列強がやっていた植民地政策の波にうまく乗れたこともアメリカが経済大国になった理由の一つです。 この時にフィリピンを含む太平洋の島々を植民地化し、アジアに進出します。 ベトナムはもともとは北、南と分かれている国ではなく、当時はフランス領インドシナという一つのフランスの植民地となっていました。そして、第二次世界大戦中に日本の同盟国であるドイツにフランスが敗北します。そのときに日本がフランス領インドシナを進駐(軍隊を目的の場所まで進軍させ、そこに留まらせること)します。これを仏印進駐と言います。 しかしながら、それをベトナムの人間がよしとするはずもありま … 正しくその通り、基本的には全く同じです。 アメリカ同様、広大な国土を有する国は多いです。 ロシア 1,707万平方km、カナダ 997万、中国 960万、 オーストラリア 774万 ・・・ どうも面積だけではなさそうですね。 アメリカがそこまでの軍事力を持つようになったのはいつかというと、そんなに古いことではありません。第一次大戦の前には、海軍はイギリス、陸軍はドイツとフランスとイギリスがアメリカより明らかより質量ともに上回っていました。特に陸軍は、欧州列強の水準を明らかに下回っていたようです。 なお、「ドルが基軸通貨だから」という意見も出ていますが、これはあくまでも結果です。世界の基軸通貨が第一次大戦後にポンドからドルに代わり、それが今も続いているのは「イギリスからアメリカに、覇権が交代したから」に過ぎません。 ロシアはあれほど、ソ連のときに大量の潜水艦や、ミサイル、そのた軍用機や戦車も保持していましたが、それらは今どうなっているのでしょう?旧式なのでこけおどしなのでしょうか。 世の中の成功している男性には様々な共通点がありますが、実はそんな夫を影で支える妻にも共通点があります。今回は、内助の功で夫を輝かせたいと願う3人の女性たちが集まり、その具体策についての座談会を開催しました。, アメリカは何故今世界一の国になったのか、その原因が知りたいです。 タイトルの通りですが、ここでは主に軍事力についてお聞きしたいのです。 英仏が北米に進出したのはもう少し後です。 2000年時点で、「世界唯一の超大国」だったアメリカ。 なぜわずか16年で、こんなひどいことになったのでしょうか? 私たちは、二つの理由を知っています。 なぜ、アメリカは世界のどの国も及ばない、今日ほどの強大な軍事力を持つに至ったのでしょうか。 つまり原油獲得に左右されない政策が採れるという事でしょうが、どうでしょうか?  もしそうなら、なぜイラク戦争を? という疑問も出てきます (真の原因については諸説紛々していますが ・・)。 大学で学位取れる事や賞金額に超驚き アメリカと日本文化は違いすぎ!現地生活で知った米の習慣・特徴が面白い 強そうで弱いアメリカのサッカー!スポーツ大国なのに人気ない理由5つ . 今で言えば中国はヒトが余っているので、人件費が安く。日本はカネ(貯蓄)が余っているので、金利が低いのです。 もしインドのムガル帝国が近代化に成功したら。 今頃、インドは超大国になっていましたか. いえいえ。 アメリカに行って驚くことの一つに、太っている人がとても多いことではないでしょうか?実際街を歩けば日本の倍以上太っている人を見かけると思います。肥満大国のアメリカ人はどんな食生活をしてい … 最後の展開力というのも言われてみればもっともで、世界のあちこちに拠点があるので、よほど大きな変動が世界にない限り、当分はこの状況は続きそうですね。 だいたい、徳川家光が徳川幕府の足場を固めた辺りです。 つまり、コンピューターを開発したのはアメリカですが、それを安くして電卓を作ったり、炊飯器や掃除機に搭載させたのは日本で、これが世界のコンピューター市場を飛躍的に拡大させたわけです。, >アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。 かと言って中国もなんだか危うい。 また、WW1を契機に石油科学が発展し、天然ゴムに変わる石油ゴムが開発され、その後石油繊維も開発されました。WW2ではプラスチックが開発されました。 逆にいうと、古代ローマやアメリカ以外の国には、その蓄積に渡るものが乏しかったのでしょうか。, 「ホテル 株」に関するQ&A: やって良かったバイト・悪かったバイト、教えてください!, 「事件 山口」に関するQ&A: 山口県光市母子殺害事件 本村さんが再婚していた, 「銀行 山口」に関するQ&A: 大学の偏差値についてしりたい。日東駒専~国立・下流大学, 「イギリス 不動産」に関するQ&A: 私は元在日韓国人です。愚痴らせてください。, 「システム 農業」に関するQ&A: インフルエンザの予防接種は、必要ない!?. たしかに国内消費の多くを中東からの輸入に頼っているが、実際には国内に膨大な油田があり、またそこで採れる石油は戦時用に備蓄されているの...続きを読む, 結論は「第一次大戦で、欧州列強が大損した時に大儲けした。そのご利益が今でも続いている」だと考えます。第一次大戦というのは、そのくらい経済的に見て大きな出来事だったのです。 また、今後の世界経済がどう進展していくのか、予想できる方がいたら、その意見も聞いてみたいです。 満州国を建国し、中国と戦争を行った日本は、ついに世界の超大国アメリカとも戦火を交えることになります。 中国と戦争を続けることだけでも大変な状況であるのに、さらにアメリカやイギリスとも同時に戦争を行うなど、とても正気の沙汰であるとは思えません。 * 先代の超大国であるイギリスと同文同種。アメリカ人は、最先進国であるイギリスの本を読んで勉強し、イギリスの学校に留学し、イギリス人を教師として呼ぶことなどが全て容易です。イギリスの知的蓄積を、そっくり自分のものにできたわけです。 前述のフォードがはじめた大量生産方式もアメリカ発ですし、何万人という従業員を管理する為の『大企業』という組織形態もアメリカが開発した物です。松下幸之助が考案しその後の日本企業のモデルになった事業部制も、GMのアルフレッド・スローンが考えた組織形態を日本流にアレンジしただけです。 * 世界の政治の中心である欧州から、大西洋というちょうど良い距離を置いている。普通の手段では、欧州からアメリカを攻撃するのは困難。 アメリカにとってラッキーだったのは、 そう考えてくると、アメリカが条件がよかったのは、大洋をはさんだ地理的な位置や、国土の大きさが一因としてあるのでしょうか。, なるほどの回答参考になりました。たいへんありがとうございます。 当時の日本の技術者たちはアメリカの学会に参加しまくって、発表内容を写真で取り捲ったそうです。当時は『ジャップがなんかやってるぞ』とか笑われていたようですが、必死に研究しまくって一時は追い抜いちゃったわけです。 この他にも何か、理由が分かる人が居たら教えていただけないでしょうか。 * 国境を接しているカナダは同文同種の兄弟国で、争う理由もない。メキシコ他の中南米の国は、アメリカを基準にすれば軍事力ゼロに等しいので脅威にならない。 特にアメリカは20世紀に入ってから急激に超大国への道を歩むようになったと思うのですが、主な要因は何か、他国と決定的に異なる点とは何か、お教え願えないでしょうか?, 愚問で恐縮ですが、そもそもアメリカが超大国になり得たのは、一体何が大きな要因と考えられるでしょうか? 粗鋼の生産力が18世紀初頭にアメリカがトップに立ったとい史実があるそうですが、そうなれるに至った原因というのは、何かいわれている定説なるようなのが存在するのでしょうか。 >産業革命が生まれたのはイギリスだが、それを育てたのはアメリカ…まさにそうですね。自動車や電気・電話など画期的なものばかりですよね。 中国が超大国になれない理由 第一の理由として、中国政府に対する国際的な信頼は失われたということを指摘しようと思います。 というのは、今回の世界的な危機に責任を負う中国は、世界に対して真実を隠したからです。 この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。 * 背後の太平洋は極めて大きく、アジアからアメリカを直接攻撃するのは、ICBMが開発されるまで不可能。 「バンザイシステム」に関するQ&A: どうして沖縄は可哀想で神奈川は可哀想じゃないの? 2.国内に石油が採れるから? また、他の回答者の方とは違って視点でたいへん参考になります。 何故なら、ヒトが余っているならば給料が安くなり、ヒトが足りなければ給料が高くなるからです。同じようにモノならば価格が、カネならば金利が、上下に動きます。 その通りです。 ・色んな資源が豊富にあるから。例えば移民などの人的資源や広大な土地資源、石油など。 ・オマケ日本の果たした役割 新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほ...続きを読む, 愚問で恐縮ですが、そもそもアメリカが超大国になり得たのは、一体何が大きな要因と考えられるでしょうか? * 国内に資源が基本的に全部揃っていて、輸入に依存する必要がない。第一次大戦や第二次大戦で世界経済が乱れてもメリットのみを享受できる。 一体、どこの国が覇権をにぎるのでしょうね。, >アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。 今後もアメリカが世界の覇権を握る理由として、やはり一番はアメリカの健全な人口動態比率にあるといえます。 日本のように人口が減り続ける国に経済発展の余地はなく、経済の発展に人口増加は絶対に欠かせない要素の一つです。 19世紀までは、むしろ、イギリスなどが立場が上であったのではないかと思いますが、どうして、立場が入れ替わり、現代のように突出した戦力を持つに至ったのか、他の国は、引き離されてしまったのか。 普通の産業に近い事をやれば、その植民地が普通の国に近くなるのも当然でしょう。かくして北米は普通の国に近づき、普通の国のように他国の支配を受け入れる事に反発して、独立したわけです。 そもそも超大国とは何か?これは、超大国の話を始めるには格好の質問のようだ。超大国の定義はいろいろあるが、大抵の政治学者が同意することがある。すなわち、超大国であるためには、その国は軍事的、経済的、財政的、文化的、そしてイデオロギー的に多大の影響を与えていなければならない。しかも隣国に対してだけでなく、世界全体に影響を及ぼしている必要がある。 「政治学者ズビグネフ・ブレジンスキーは、超大 … アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。 科学技術力こそが軍事力、経済力に, いつまで中国を下に見て馬鹿にするつもり? アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓ アメリカ以外にも、大農業国家って多いですよね。 カナダやオーストラリアもそうでしょうし、ウクライナもそのはず。 超大国アメリカのtopという理由でアメリカ大統領は暗殺の危機に立たされてきました。 歴史的に見て国家のtopが狙われることは普通で、これはアメリカに限った話ではありません。 ブログを報告する, 『海軍の最高首脳部は、もう絶対やっちゃいかん、やっちゃいかん。そういう考えで。そういう力はありませんよ。そんなことを目標にして日本の陸海軍の戦備というのはできているわけじゃない』(保科善四郎証言), 『幾度(対アメリカ戦の)演習をやってみても、あるいは図上で演習をやってみても、勝ち目がないんですね。実際のところ審判(判定)でごまかしているんですけれども、本当に率直にいえば勝ち目がない』(, 「いざ戦争回避を決断するとなると、リーダーたちの覚悟は揺れた。アメリカと戦う力がないことを認め、中国から撤兵するなら、これまで失われた二十万あまりの兵たちの命、毎年の国家予算の七割にも達した陸海軍費はいったい何のためだったのか。国民が失望し、国家も軍も面子を失うことを恐れた」, 「人が死ねば死ぬほど、兵は退けなくなります。リーダーは、決して死者を見捨てることが許されないからです。この『死者への負債』は、あらゆる時代に起きていることです。犠牲者に背を向けて『我々は間違えた』とはいえないのです」. この要因も大きいと思いますが、国内で極端に価値観が多様化した国家は、逆に混乱しか生まないようにも思うのですが ・・・ それに移民自体が高レベルの知識層ではなく、言わば 「食い詰め浪人」 ばかりの集団であった事を考えると、どうもこれも怪しい? 1.面積が大きいから?

東出昌大 杏 身長, バーニング 映画 ネタバレ, 佐賀県 高校入試 2021, 私立中学 特待生制度 関西, パワプロ 梶 依存,

Leave a Reply