José Nogueira 1116, Punta Arenas, Región de Magallanes y Antártica Chilena.

Single Blog Title

This is a single blog caption
9 Dic

野球 テイクバック 大きい

今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。 中学校の頃には近くの60歳くらいのおじいさんがコーチとして来ていてくれたのですが、その人にはテイクバック時に肘から上げるよう指導されました。 手塚氏の著書には肘から上げる「スクラッチ型テイクバック」と言うのを提唱しています。 そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。 どのような環境で野球をしているのかが分からないのでバトミントン部にいらない羽根があればもらってくるといいと思うのですが。(これが手に入らないなら意味が無いのですがとにかく説明します) 他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。 (1)仕事と資金 10年ぐらい前、部活などでバリバリ野球をやっている時は、肩の痛みなど当然ありませんでした。部活引退の時まで痛みなどは全く無かったので、ブランクが長いからだと思います(ここ数年は、何の運動もしていなかったので)。 Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc.  高校生やかっての大学、社会人で金属から木製にバットが変わり、『○○二世』『屈指の長距離砲』『超○○級のスラッガー』『○○通産本塁打○本』とアマ時代に騒がれた打者が、プロに行ってから、打撃不振になったり、中距離打者にスケールダウンする場合が見られます。 1.テイクバックが大きい相手は、ツボに入ると厄介! 2.タイミング速くフォアハンドに送ってみる、ことからテスト開始; 3.振り遅れたフォアハンドの、逆クロスだけケアしておこう 左手はキャッチャーの方を向けて・・・楽天の岩隈投手の近鉄の頃の感じでしょうか。 バッターにとって最悪なのは「振り遅れ」です。ボールが通り過ぎた後で振っていては、どんな大打者でも打つことはできません。(当たり前ですね。)ということはバッターは基本的に一番速いタマに反応してバットを振り出すことを考...続きを読む, 小学校5年生の息子は少年野球をしています。それと併せてソフトボールもしています。軟式野球の試合は2年生から出ていますがだんだんと打てなくなってきました。当たらないわけではないですが、ボテボテの内野ゴロかフライが大半で良い当たりは殆どありません。しかし、ソフトボールは殆どが良い当たりです。先日、硬式野球の練習に参加させていただいたらそこのスタッフの皆さんが「38人いた中で1人だけ即戦力として使えるから是非入団して欲しい」といわれました。3球打たせてもらっただけですが「小学校であのうち方が出来るのにはビックリした」といわれました。よく分かりませんが「ボールを上手くバットのに乗せて運んでいる。あのバットコントロールは凄い」といわれました。 (投げる時に使う筋肉は肩だけではないので) やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。 以下のサイトのレスを読んでの質問です。  そこで 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。 基本を教えましょう。 いまだに肩が痛くなったことはありません また普段はそういう球が来ないので練習する必要も感じない→ますます世界から取り残される日本 ちなみにですが、下半身のパワーは上半身の6倍もあります!だから下半身のパワーを使ったほうが全然得ですよね!. 基本などまだ全く必要ありません。 大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。 NPB球だとツーシームやムービングファストが投げにくいからNPBでは投げる投手が少ない→バッターも普段投げられてないから対応出来ない だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?, ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。 そんなこんなで肘...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 その打ち方だと手元で微妙に変化する球に対応出来なくなるのに…。 そして2週間ぶりの野球にはやる気持ちを抑え  以前、松井選手が「振り終わった後、軸足である左足がホーム側に倒れるようなスイングをしたい」と言っていました。確かにメジャーの選手はスイング後に軸足がホームベース側に倒れている選手が多いです。また、ボンズも「日本人はスイング中に動き過ぎだ」とも言っていました。 大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。 は一流の集まりで「上には上がいる」ということかと さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。 本人いわく「来たボールにスイングを合わせてしまっていて、自分の振りが出来ない」との事なのです。 今よりも球速アップをしたいなら、テイクバックは大きく取った方が良いです。 弓矢で的を射るときには、ギリギリまで弦を引いて力を出します。 それと同じで、野球の投手もテイクバックのときに、腕を後ろにしっかり引いた方が力が出しやすいのです。 おそらくトスバッティングなどもうまくないのではないでしょうか? よく分からない文になりましたが、私は肘から上げるテイクバックを主に指導されました。 キューバ 韓国 アメリカはノーステップで打つ 二人とも高校までの経験者(レギュラーではない)です。 一方、後足加重だと体の回転が使えません。ですので、おの...続きを読む, 巷ではいろんな打撃理論が出回ってますよね。そのような理論が混ざると曖昧になる部分が多くなるはずです。 (投げる時に使う筋肉は肩だけではないので) テイクバックを取ったときに 気をつけなければいけない ポイントについてお伝えしていきます。 テイクバックとは、 軸足に乗せたときや、 足を上げて前足を地面に付けたときに、 体とバットの距離を少し離してあげる動作のことです。 必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。 http://www.sportsclick.jp/baseball/01/index02.html そのまま中学校に入り「(当時巨人軍の)西山みたいだね」と顧問の先生に言われてから投げ方について考え始めました。 おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も 短い距離でじっくり、フォームを気にしながら 『89 :名無しさん@実況は実況板で[]:2008/09/14(日) 16:38:05 ID:sVSBlZ5U この時肩だけでなく全身の柔軟をします チタンドライバーとパーシモンドライバーを例に質問 投げる方も重要です変なところばかり投げると逆にフォームを崩します。 ゴルフでは、フォロースルーを大きく取ることが正しいと言われます。でも、アマチュアゴルファーはなかなかこれができないんですね。その一つの理由が「バックスイング」が大きいことなんです! ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。 最近は『テイクバックは両腕を大きく開いて投げなさい』という指導が廃れてきました。肘を伸ばしたままトップへ手を持っていく形を「アーム投げ」と呼び、これは投球効率を下げるばかりか腕への負担も大きいという事が常識となってきているからです。 私は手塚信者ですのでスクラッチ型の方が良いと思っているのですが、イチロー選手の例も載っていて納得します。  具体的には、日本人はテイクバックから前方への体重移動が大きいように思えます。テイクバック時にピッチャー側の足を軸足まで引いてくる選手や、足を大きく振り上げる選手が多く、ポイントもメジャーに比べて前方にあるように感じます。仮に、極端な例を挙げるとすれば王さんです。 プロ野球でも国際球使え 日本は溜めたり、ステップを大きくとって打つ 「ピッチャーのテイクバックが大きいとダメ?」という疑問に回答。ピッチャー歴20年以上のピッチャーにとってテイクバックとどう付き合っていくのか解説し、オススメの練習法を紹介します。テイクバックに悩み、コントロールに不安があるピッチャーは必見です。 よろしくお願いします。, #1です。 >MLBではたしかにテイクバックしない打法が主流になってきましたが、この打法を徹底するにはものすごく筋力を必要とします。  元巨人の元木選手、現ロッテの西岡選手などは高校時代、長距離砲として騒がれていましたが、プロに入ってから『曲者』とか『俊足好打』の選手になり、小粒になった感じがしました。 そのため、正しいやり方でインナーを刺激するトレーニングをしないと アウターマッスルばかりを使ってしまい…, 野球技術系のDVDを60本以上買いあさったぼくが選ぶ少年野球向けDVDランキングです。選定基準は①技術向上に効果的か②小学生が取り組みやすいか③保護者にも有益か④お金を出して買うほどの価値があるかです。, 腕の使い方自体ではなく、体幹や肩甲骨など他の場所をうまく使えていなかったり、柔軟性や筋力不足にあることが多いからです。, どこでつまずいているのかをチェックしてそこの問題の解き方を考えるようにしないと結果は変わらないですよね?, 外転動作では肩甲骨と鎖骨の連動が必要であり、屈曲よりも肩甲骨の筋肉がたくさん働いている, 意識的に腕を上げて投げようとする必要はなく、肩甲骨と鎖骨の連動性を高めるトレーニングを集中的に行うべきです。, 投球フォーム自体を意識させることはせず、腕をあげるためのコツを自然に身につけてもらう, 遊び要素を取り入れた投球ドリルを反復して行ってもらい、肘が上がるためのコツを自然に身につけさせてあげるのが望ましいです。, 正しいやり方で慎重にトレーニングしないとアウターマッスルばかりを使ってしまい、トレーニングの効果がなくなってしまいます。, 肘が下がってしまうのか根本的な原因を把握し、その原因に対するトレーニングを行うことが大切です。, Baseball Pitching Biomechanics in Relation to Injury Risk and Performance|Sports Health, 肩関節屈曲・外転における肩甲骨周囲筋の筋活動パターン〜鎖骨肩甲上腕リズムに着目して〜|肩関節35巻第3号, :肩後方タイトネスがテイクバック期の肩外転角度に与える影響|日本臨床スポーツ医学会誌26巻第3号, ピッチャーがコントロールをよくするために重要な5つの投球チェックポイントと9つの練習法, 【保存版】野球の投げ方マニュアル!正しい投球フォームを習得するために必要なこと(小学生・中学生、草野球選手向け), 【徹底解剖】ピッチャー体重移動の基本原理とコツ!身体加速の極意を知ってキレのあるフォームを身につけよう!, 【正しい投球フォーム】を自然に身につけるための必須基礎トレーニングドリル7選!誰でも簡単にできる【ストレッチ&動きの感覚ドリル】. どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。 ただ、テイクバックが大きくなると腕を振るタイミングで顔と腕が離れてしまうことがよくあります。 メニュー お父さんのための野球教室は、少年野球の保護者・指導者のための情報ポータルサイトです。 ・・・ということは「バッターは内角の速いタマを打つ事が、一番早く反応する必要があり、まずはこれを待っているのがセオリー」となるわけです。 いや…あちこちで日本の打撃理論が世界の主流からズレて来てて時代遅れになってるのが打てない原因とも言われてるぞ 『キム・ジェヒョンのスイングは日本の左打者のスイングとは異質なものですし、同じ韓国人でも巨人のイ・スンヨプや、中日のイ・ビョンギュとも全然違います。 この記事では、ピッチングにおけるテイクバックの取り方と具体的な腕の使い方について解説しています。胸を張ろうとせず、両腕を内捻することがポイントです! ゴルフにおけるフォロースルーとは、球を打った後の動作のこといいます。このフォロースルーには、そこまでのスイングの良し悪しが現れるため、正しいフォロースルーを意識できれば、スイング全体が … 経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?, 年齢が若いほどその差は大きいです。 この時肩だけでなく全身の柔軟をします 自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。 やまなり、コース、高さいろいろ投げてあげるのもいいと思います。 どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。 1週間、風呂上りに30分間じっくりやります 精神面の事を除くのであれば理由はあると思います。 そういえば、清原がやたらと上半身の強化をしましたよね。で、どうなったかというと上半身のパワーに下半身がついていけずに足の筋肉を傷めて未だに治りません。子供の頃誰もが一度はプラモで作ったドイツのタイガー戦車はものすごい大砲と分厚い装甲を持っていたのにギア(足回り)がものすごく弱かったのですぐ故障して「動いている時間より修理している時間のほうが長かった」そうです。何事もバランスが大切ってことですかね。いえ、借金の話じゃないです。, 私は野球の技術的なことはわからないので、私も興味があるので詳しい知人に聞いてみたところ「上半身の力が全く違うから」という答えでした。 ところがプロのピッチャーだって打たれないためには、時にはバッターにぶつかりそうなくらいギリギリのタマ投げて脅かしたり、予想よりさらに食い込んでくるタマでファールを打たせたり、の「駆け引き」をしています。つまりココを中心に「攻めて」外角球を狙わせない(=踏み込ませない)ようにしているわけです。 これには手塚一志氏が大きな影響を与えていると思います。 少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。 先程の説明で力はいらないと言いましたが、主に上半身の力です。もちろん打つときには下半身には力が入っています。下半身はパワーの源。上半身はそれをバットとボールに伝えるムチの様なものだと思ってくれていいと思います。 セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。 【ピッチング】球速を上げるテイクバックの取り方と腕の使い方を徹底解説! 2019.02.27. そのまま高校に進学し、投げていましたが、高校に来ていた近くのおじいさん(コーチではない70歳くらい)には、そんな投げ方じゃダメだと言われた物です。 2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。 きちんとしたフォームでしっかりとしたスイングでピッチャーに打ち返せるか?という意味です。 って悪循環 元木、西岡の話ですが結局、生き残るための手段の いくらいろいろな練習をやっていても基本は回数です。 少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。, 年齢が若いほどその差は大きいです。 それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。 しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。 http://www.sportsclick.jp/baseball/01/index31.html, 中学軟式野球の指導者をしています。 「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。 左手はキャッチャーの方を向けて・・・楽天の岩隈投手の近鉄の頃の感じでしょうか。 きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。 また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。 以下のサイトがありましたが、どの様に思われますか? これに対応するのが「ラジオ体操型テイクバック」とされています。   バッターにとって最悪なのは「振り遅れ」です。ボールが通り過ぎた後で振っていては、どんな大打者でも打つことはできません。(当たり前ですね。)ということはバッターは基本的に一番速いタマに反応してバットを振り出すことを考えています。(意図的に遅いタマにヤマを張っているケースを除く。)そして野球の構え、打ち方の構造上、内角球はポイントを前で、外角球はポイント近めで打つのは逃れられない宿命にあります。(内角球をポイント後ろにしたらバットの中腹あたりに当たってバットが折れる。外角球のポイントを前にしたら円運動のバットは思い切り先っぽに当たって詰まる。) ゴルフのテークバックは、スイングの始動部分のことを言います。 この動きがその後のスイングに大きく影響を与えるので、正しいテークバックの仕方を覚えることはとても大切です。 そこで正しいテークバックの仕方とクラブヘッドの軌道、そしてその練習法を説明していきましょう。 具体的には、日本人はテイクバックから前方への体重移動が大きいように思えます。 テイクバック時にピッチャー側の足を軸足まで引いてくる選手や、足を大きく振り上げる選手が多く、ポイントもメジャーに比べて前方にあるように感じます。 そのまま中学校に入り「(当時巨人軍の)西山みたいだね」と顧問の先生に言われてから投げ方について考え始めました。 しかも、トップの概念がない気がします。モーションの途中で区切るのではなく、一連の動作と言う概念になっています。 子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。 少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。 います。私は出来ませんでした。(あくまでも私のイ テイクバックが大きい場合の一番の問題点を説明してみたいと思います。 問題点:【インパクトが不正確になる】 野球のバッターを思い浮かべてください。 あとは度胸だからこれはどうすればいいのか分かりません。, 試合と練習では実力を発揮できないというのは永遠の命題だと思いますが トップハンド・トルク : SKワイバーンズ打線 片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら この方法が確実にいいとは言えませんが この時に時間が許せば風呂上がりの柔軟も合わせてやっていました 年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。 結果がそうなったのではないでしょうか。プロの世界 最近、投げ方(特に投手のテイクバック)が昔の理論と違ってきているようなきがします。いままでは、両手は外転させテイクバックを結構大きくとって、トップの位置ではボールはセンター方向(後ろ向き)という教え方をしていたのですが、高校野球を見たり野球雑誌の技術記事によると、テイクバックは小さく(ヒジを引っ張り上げるように)トップの位置は耳のそばでボールはキャッチャー方向を向くという感じになっています。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.unkar.org/read/schiphol.2ch.net/mlb/1 …, 自分は右打者なのですが、テイクバックをとって打ちに行った時に左足が地面につく前に手が出てしまって、い, 韓国プロ野球(KBO)・SKワイバーンズの指名打者金宰炫(キム・ジェヒョン)に打撃フォームが似ているMLBの打者を教えて下さい。, 野球で、右打者が左打者になるための練習方、意識の仕方を教えてください。 右で打つ時、基本は中村晃みた. そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか? テイクバックを取る時、気をつけなければいけないのは腕を内旋させてはいけません。 腕を内旋させてしまうと腕を上がらず、その後のテイクバックが低い位置になってしまいます。 肘が下がってしまう原因は選手個々で違います。そのため、肘下がっているのを改善するためには、その選手に応じたメニューに取り組まないと投球フォームは改善しません。, 今回、自分のフォームが肘が下がっているか簡単にチェックする方法や肘が下がる6つの原因について解説しています。, と感じるけど、どうやって修正すればいいのか分からなくて悩んでいる保護者さんは多いのではないでしょうか。, どちらのタイプも効率的な投球フォームとはいえず、肩や肘にかかる負担が大きくてボールのコントロールが難しく、キレのあるボールも投げにくくなってしまいます。, みなさん肘が下がる選手を見つけるとどうしても「肘を上げて投げよう!」と言いたくなりますよね?, しかし、そのようにいっても改善せずにむしろピッチングフォームが余計に崩れてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。, これは肘が下がってしまう原因が腕の使い方自体ではなく、体幹や肩甲骨など他の場所をうまく使えていなかったり、柔軟性や筋力不足にあることが多いからです。, 肘が下がってしまう投球フォームそのものを矯正するまえに、まずはピッチングで肘がスムーズに上がってこない原因を知ることがとても大切です。, 芹田祐(セリタタスク)理学療法士として整形外科病院・整形外科クリニックなどに10年ほど勤務。野球現場では小学生からプロ野球まで幅広い年代の選手に対して述べ1000名以上のリハビリテーション・トレーニング指導経験あり。保有資格理学療法士/認定理学療法士/JARTA認定トレーナー/国際認定シュロスセラピスト/修士(医科学), 冒頭でもいいましたが、肘が下がってボールを投げている選手を見るとどうしても「肘をもっと上げて投げろ!」と言いたくなりますよね?, 例えるならば、勉強が苦手で頑張ってはいるんだけど、テストでなかなかいい点がとれない子に「もっといい点とれ!」といっているようなものです。, 頑張っているのに点数がとれないのであれば、どこでつまずいているのかをチェックしてそこの問題の解き方を考えるようにしないと結果は変わらないですよね?, 肘が下がっていることを指摘されたピッチャーはなんとか修正しようと思って無理やり腕を上げようとします。, しかし、根本的な原因がテイクバック(腕の上げ方)になければ、腕の上げ方を意識して改善することはなく、むしろフォームのバランスを乱すことさえあります。, 肘が下がってしまう原因はいくつかあり、それについてこれから話していくので、その要素をきちんと把握するようにしましょう。, お子さんもしくは自分の投球フォームをみてトップで肘が下がっていないか確認してみましょう。, この瞬間(ステップする足が地面に着地した瞬間)は肘の高さが両肩を結んだラインとだいたい同じになるのが理想です。, 膨大な投球メカニクスの研究データを集め、その中でも正しい投球フォームについてまとめた海外の有名な論文があるのですが、その中でもこのようにいわれています。, ステップ足が地面に着地した瞬間に腕が横に90°開いているのが適切な投球メカニクスである。, 腕が横に90°開いていれば、両肩を結んだラインと肘の高さがだいたい一致することになります。, 投球フォームをきちんと修正したいという方はこれから話す根本的な原因を理解することがとても重要です。, トップで肘が下がっている選手はこの肩の外転の角度が足りていないということになります。, この外転動作をスムーズに行うためには腕だけを頑張って動かしていてもダメで肩甲骨と鎖骨の連動性が重要です。, 左側の屈曲では鎖骨が動かずに(胸鎖関節と肩鎖関節にかかっている棒)肩甲骨のみがスライドする動きになります。, その一方で、右側の外転では僧帽筋中部という肩甲骨の筋肉が収縮して肩甲骨と鎖骨が連動することで腕が上がっていきます。, 少し、難しい話をしましたが、要はテイクバックでスムーズに腕を上げるためには肩甲骨と鎖骨が連動して動く必要があるということです。, 外転動作では肩甲骨と鎖骨の連動が必要であり、屈曲よりも肩甲骨の筋肉がたくさん働いているのがわかると思います。, これが、最初に話したように肘が下がる原因が腕自体になく、他の場所(今回のケースは肩甲骨と鎖骨の連動性)にあるということです。, 当然、このようなピッチャーは意識的に腕を上げて投げようとする必要はなく、肩甲骨と鎖骨の連動性を高めるトレーニングを集中的に行うべきです。, 肩甲骨と鎖骨の連動性を高めるためのピッチャー必須エクササイズは下の記事で紹介していますぜひ参考にしてみてください。, https://pitcher-room.com/train/scapular-training/, ピッチャーはGIRD(Glenohurmeral Internal Rotation Deficit)といって肩の後ろ側の筋肉や関節などがものすごく固くなりやすいです。, 肩後ろ側の柔軟性が悪くなると、テイクバックで肘を上げていく途中で固くなっている筋肉や関節包がつっかえてしまい、肘が上がりにくくなります。, 肩の後ろ側が固くなりやすいのは、ボールリリースからフォロースルーで腕が肩から抜けていかないように肩の筋肉でブレーキをかけているからです。, 高速で腕を振っているときに瞬間的に肩の後ろ側でブレーキをかけるためにこの部位には負担がかかりやすく、コリ固まりやすいのです。, ピッチャーのようにボールをたくさん投げる以上はどうしても固くなってしまうのですが、だからといってケアを怠っていると知らないうちにどんどん可動域がせまくなる可能性が高いです。, 肩の後ろ側はピッチャーがストレッチで必ず行うべき場所です。時間をかけて入念に行うようにしましょう。, https://pitcher-room.com/care/after-stretch/, 腕の使い方自体を修正するといっても、小学生に無理に腕を上げようとさせるのは逆効果です。, テイクバックを修正するときのポイントは投球フォーム自体を意識させることはせず、腕をあげるためのコツを自然に身につけてもらうということです。, 正しいフォームを教えたところで選手がその動きを正確に再現できることはほとんどありません。, そのため、少年野球の選手には遊び要素を取り入れた投球ドリルを反復して行ってもらい、肘が上がるためのコツを自然に身につけさせてあげるのが望ましいです。, ぼくが普段実践しているテイクバックのコツをつかむたの投球ドリルは以前の記事でまとめて紹介しています。, https://pitcher-room.com/form/junior-method1/, ピッチャーはボールをリリースした直後に肘に外反ストレスという大きな負担がかかっています。, この負荷が大きいほどケガのリスクが高くなるのですが、リリースポイントで肘が下がっていると肘の外反ストレスが大きくなってしまいます。, さきほど説明したトップで肘が下がっているタイプでは、必然的にリリースポイントでも肘の位置が低くなりやすいです。, そのため、トップとリリースポイントの両方のフェーズで肘が下がっている選手は以下の手順で投球フォームを修正するようにしてください。, 肩・肩・肘ラインといって左肩・右肩・右肘を結んだラインが一直線になっていればOKです。, 右肘の位置がこのラインを外れて低くなっている場合はリリースポイントで肘が下がっていることになります。, リリースの直前に全身のしなりを作れているピッチャーはそのしなりを解放することで肘から先が自然に伸びてくるリリースになりやすく、肩・肩・肘ラインも一致しやすくてリリースポイントで肘が下がることは少なくなります。, 全身のしなりはリリースの瞬間にボールに伝える力を増幅させるための助走のようなものです。, しなりを上手に作ることができない選手はどの年代でも多いのですが、その原因を探っていくとこのような傾向があります。, 一方で、少年野球の選手は全身をしならせる可動域はあるけど「どのように体を使えばいいのかがわからない」といった感じです。, しなりをスムーズに作るためにはラギングバックといって体幹の回転とは反対方向に腕を回転させる必要があるのですが、この動きをできない選手が本当に多いです。, 腕に力みがある選手は体幹の回転に腕も一緒につられてしまい、しなりの動きは絶対に生まれません。しなりを作るためには腕に力みがなく、リラックス状態にあるのが必須条件です。, しなりの感覚をつかむためには骨盤から胸郭・肩などを連動させて腕を柔らかく使うトレーニングドリルに取りくまないといけません。, このバネトレはぼく自身勉強して普段トレーニング指導している少年野球の選手にも利用しています。, 全身をしならせてバネのように柔らかく使う感覚をつかむためのドリルがたくさんあるのでおすすめです。, はじめは小学生にとっては少し難しい動きもあるのですが、続けて練習することで少しづつしなりの感覚が身につき、その感覚が実際の投球動作にも反映されるようになります。, バネトレについては下の記事の中でくわしく解説していますので、バネトレ導入の参考材料にしてください。, リリースポイントで体幹を安定させるための体感の使い方やピッチングで体幹を傾ける重要性などについて前の記事でまとめていましたので、興味ある方は読んでみてください。, https://pitcher-room.com/form/pitcher-form/, 肩のインナーマッスルの筋力が弱いと腕の位置を安定して支えることができず、リリースポイントで肘が下がりやすくなるといわれています。, しかし、インナーマッスルはとても繊細な筋肉なので、正しいやり方で慎重にトレーニングしないとアウターマッスルばかりを使ってしまい、トレーニングの効果がなくなってしまいます。, https://pitcher-room.com/train/inner-training/, 冒頭で話しましたが、「肘を上げろ」という指導や声かけは行わず、なぜ肘が下がってしまうのか根本的な原因を把握し、その原因に対するトレーニングを行うことが大切です。, ぜひ、今回の内容を踏まえて原因をつきとめたうえで投球フォームの修正に取り組んでみてください。, 野球選手に対するパフォーマンスアップを目的としたトレーニング指導をしています 理学療法士,認定理学療法士,JARTA認定トレーナー,国際認定シュロスセラピスト,修士(医科学). 小学校の頃、父とキャッチボールしていた頃は、質問者さんの仰るような投げ方を教わりました。 実際のところ、力を抜けばよいかフルスイング(勿論余分な力はいらないということを前提に)でよいのか、自分の中では曖昧になってます。 日が沈んでからもやりたいのであれば明かりがあってある程度広さがあれば (2)座席確保 高校時に監督は「投手の事は分からんから自分で考えろ」と言ってましたので、色々本を見て研究しました。 technology. かなり困難だと思いますが。 (運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為) 結局現在は、肘から上げるようにしているのですが、肘を伸ばしたテイクバックより遥かに投げやすいと感じています。 クトにミートする打ち方になっています。意識しなく バッターがたくさんいます。 ⬇︎こちらからもチャンネル登録できます⬇︎ http://www.youtube.com/channel/UC2aS_2NLSQXcnJxshUfHFSw/?sub_confirmation=1 今回はピッチ … 長くボールをくっつけるイメージが必要になります。 2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。 全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む, ホームランは流し打ちでは一般的に出にくいのだと思います。なぜ、投手からの球筋を自分の体と反対方向へ飛ばすことは難しいのでしょうか。ただからだの開きとポイントを遅らせれば全く同じに打てるような気がするのですけど。, 理論的には質問者様の仰る通りです。どっちに打つにせよ、飛んでくるボールに対して最大限の力でバットをぶつければ飛距離は同じですよ。 >「軸足を鍛えた」という事ですが、実打の際の動作(感覚)とは違うものなのでしょうか・・? そんなこんなで肘から上げるようにすると、自然とテイクバックは小さめになりますし、ボールも後ろ向きではなくなったわけです。 投げる基本がしっかりします。 木製では、反発しない分、しなりを利用し、バットに まね、というより自然と同じことをしようとします。 キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと これを意識していないということはピッチャーを想定していないのと同じことです。 http://www.unkar.org/read/schiphol.2ch.net/mlb/1 … 小学校の頃、父とキャッチボールしていた頃は、質問者さんの仰るような投げ方を教わりました。 ではメジャーでも前足加重の選手がいるのは、前述のように全身の力をボールにぶつけられるからではないでしょうか。わたしゃメジャーの選手は知らないので誰か調べてくれるとありがたいのですが、後足加重のフォームの選手は黒人系の選手が多いんじゃないかと思います。黒人の筋肉ってハンパじゃありませんから(余談ですが、私はガリガリの黒人という人にまだ会ったことがありません)強引なフォームでも飛距離が出せるのでしょう。  金属→木製に変わるとかなり違うのでしょうか?木製はスポットは一点しかありません。 しかもしっかり注意すべき所を意識した回数です。 思います。, ティーバッティングや素振りではかなり力強く振って、良い打球が生まれているのに、試合では何故か中途半端に当てるだけのバッティングになっている部員がいます。 それは素振り(ティーバッティング)ならタイミングが取れないからです。 プロのバッターは外角に来るとわかっていれば、踏み込んで流し打ちでも狙ってホームランにできます。そう、「わかっていれば」の話です。 野球でバッティングを上達させるには、まず自分に合ったバッティングフォームを作り、そのフォームを固めることが重要です。バッティングフォームを作るうえで必要な、基本となる動作を身に付けるコツ、バッティングフォームを固めるための練習方法を詳しく解説します。 ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。 以下は私の知る範囲でのお答えです。  私はゴルフをしますが、チタンドライバーとパーシモンドライバーの違いと同じことだと感じていますが、技術があり、素質も実績もあるアマ選手がプロ転向、木製バットになると大成しないのは何故なんでしょうか? ティーバッティングもただやるのではなく キャッチボールもじっくりやるようにはしてますが 出来るようになったら次はコースを狙ったりしてあげてください。 少年野球では投球中のテイクバックで腕が背中側に入りすぎてしまう選手が非常に多い。 テイクバックで腕が背中に入りすぎるとデメリットが多く、修正するべきポイントになる。 今回はテイクバックを修正するときのコツについて紹介する。 私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました それはバトミントンの羽根を使います。   全く肩に違和感はありませんでした  (2)また理論的、専門的に両者のバッティングフォームの一長一短があれば教えてください。, メージャーと日本の選手のバッティングフォームは大きく違うように感じます。 キャッチボールを行いました 僕の高校の監督は内てん筋を閉める事を意識しろと口すっぱく言っていましたがね… 実際に打つときと違うフォームでやっても特別な目的を持ってやっているのでなければ意味はないと私は思っています。 でやはりそれを機に低迷した選手が幾人もいますよ しっかりとした裏づけできるものがなければ試合で普段どおりに振るのは 子供は見て覚えることもたくさんありますので このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。 高校野球では金属バットが使用されています。大学、社会人も少し前まで金属バットの時がありました。 関西学生野球連盟に所属している選手の投球フォームチェックをさせていただきました。2回目のチェックです。今回は「前回と比較した連続写真でのフォーム改善点」「本人が感じているパフォーマンス変化」「球速を上げるために必要な修正点」について説明していきます。 てもそれで飛んでいくので身についています。 これをしないと素振りしてもほとんど意味無いです。 最初は真中になるべく緩いやまなりの羽根をセンターに打ち返すことを目標にするといいと思います。 Copyright © 野球のコツと理論 All Rights Reserved. 中学軟式野球の指導者をしています。最近、投げ方(特に投手のテイクバック)が昔の理論と違ってきているようなきがします。いままでは、両手は外転させテイクバックを結構大きくとって、トップの位置ではボールはセンター方向(後ろ向き)と 良かったら試してみてください, 私も全く同じ経験をしました 前足加重の特長と長所は「体全体で打つ」ことだそうです。よく「下半身で打て」というのはこういうことだそうですよ。体重を前に移すことで体全体の回転をボールにぶつけることが可能ですよね。結果、全身の力をボールにぶつけられるので飛距離が伸びる、というわけです。落合なんかもそんな打ち方ですよね。 これはなるべく食事前に50~100球程度行いました 投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない 慣れてくると順応出来る人もいれば、そうでない人が 投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・) これはなるべく食事前に50~100球程度行いました トスバッティングはただピッチャーに撃ち返せば良いという訳ではなく その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました ご意見を下されば幸いに存じます。お待ちしております。, 前回で回答した者です。 それに素振りの量は足りているのでしょうか? 1週間、風呂上りに30分間じっくりやります 現役もしくは最近まで高校球児だった方や同じような野球指導者の方、最近の高校(硬式で結構です)ではテイクバックのとり方についてどのように指導されているのか、教えてください。, 私は現在大学球児ですがOKですかね? それを克服するにはトスバッティングをやるのもいいと思いますが ただボールがバトミントンの羽根に変わっただけなのです。 テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう. 今の甲子園を見ていてもほとんどそうですので、そう言う指導になっているのではないかと思います。 王や野村も日本の打撃理論は世界に遅れて来てる的な事を北京後に語ってた』, 御回答有り難う御座います。 (運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)  これに比べ、メジャーの選手は軸足の回転中心で、日本人に比べて前方への体重移動が大きくなく、構えた格好でそのままクルンと回って打っているように思えます。テイクバック時に、ピッチャー側の足を軸足まで引いてきたり、足を大きく上げる選手も少なく、ポイントも近いように感じます.典型例がボンズです。 ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただきたいです。 ものすごく近いところからさせます。 しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。 では練習方法です。 このような試合と練習での差のあるバッティングを克服する方法〈練習、コツ等)は無いでしょうか?  これに比べ、メジャーの選手は軸足の回転中心で、日本人に比べて前方への体重移動が大きくなく、構えた格好でそのままクルンと回って打っ...続きを読む, 私は野球の技術的なことはわからないので、私も興味があるので詳しい知人に聞いてみたところ「上半身の力が全く違うから」という答えでした。 精神面の事を除くのであれば理由はあると思います。 息子の場合は軟式ではなく硬式に対応できる振りが出来ているのでしょうか? 2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。 それとも単に其処まで鍛えようとして来なかったのでしょうか?, メージャーと日本の選手のバッティングフォームは大きく違うように感じます。 (1)仕事と資金 手元で変化する球(ツーシームやムービングファスト)が主流の現在の世界の野球では日本の打撃技術では対応出来ない 内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました ランニングは体ほぐす時だけで十分です。 つまりプロのピッチャーは「外角を狙わせない、外角ならボール球を振らせて討ち取る」努力をしているわけです。その結果として流し打ちのホームランが減るということではないでしょうか。, 理論的には質問者様の仰る通りです。どっちに打つにせよ、飛んでくるボールに対して最大限の力でバットをぶつければ飛距離は同じですよ。 理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。 もしそうなら、硬式に移らせてやりたいと思ったりもします。軟式では練習をすればするほど打てなくなる様な気がしてしょうがありません。 おそらくトスバッティングなどもうまくないのではないでしょうか? 『SKワイバーンズ打線は、ほとんどがトップハンド・トルクタイプです。』 中学校の頃には近くの60歳くらいのおじいさんがコーチとして来ていてくれたのですが、その人にはテイクバック時に肘から上げるよう指導されました。 もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。 ピッチャーにとって「肩甲骨」が大切ということはみなさんイメージできると思います。 肩甲骨のトレーニングは球速アップ&ケガ予防に欠かせない…, 試合後に肩周りがすごい張る・・・ 連投のときに肩がバキバキに固くなってしまう ピッチングの後に肩周りの可動域がすごい悪くなる こんな悩みありませ…, 投球で【テイクバック】がうまくいかない少年野球選手必見!小学生でも簡単にできる修正ドリル7選, この記事のまとめ 少年野球の投球フォームを見ているとテイクバックでスムーズに腕が上がらない選手がとても多いと思います。 テイクバックを改善するこ…, 少年野球で「我が子にセンスがない」と悩む保護者必読!野球センスを高めるバネトレとは?, この記事のまとめ 少年野球を見ているとセンスがある子とない子って明らかにプレーの動きが違いますが、みなさんその違いがどこにあるか知っていますか?…, リリースポイントの高さは 「腕の位置」で決まる と思われる方が多いと思います。 しかし、実はリリースの位置を決めているのは腕ではなく、ある場所が…, インナーマッスルはとても繊細な筋肉です. テイクバックで注意したいのは、前の肩(左打者なら右肩)の入りです。どうしてもパワーをタメる際に、上半身をグイッと捻りたくなりがちですが、捻ってよいのは基本的に下半身だけです。 ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。 投球で【テイクバック】がうまくいかない少年野球選手必見! 小学生でも簡単にできる修正ドリル7選 この記事のまとめ 少年野球の投球フォームを見ているとテイクバックでスムーズに腕が上がらない選手がとても多いと思います。 ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。 >韓国野球では大きくテイクバックをとり、ガッツリ引っ張るタイプの よろしくお願いします。, 試合と練習では実力を発揮できないというのは永遠の命題だと思いますが たが、打ち方が違いました。金属の反発が良いのは 元プロ野球選手の意見が絶対とは言いませんが、息子さんのスイングは基本に忠実でスイングスピードが早いので、多少待って打たなければならない軟式よりも、硬式に向いているってことのようですね。

韓国 柔道 座り込み 韓国の反応, テセウスの船 八巻 ネタバレ, 自由の女神 イラスト 書き方, 舟入高校 学 食, サモア人 日本人 似てる,

Leave a Reply